「足利の有名な最中」と言ったら、香雲堂本店の古印最中です。

市内の方にはそうでもないかも知れませんが、市外の方には有名みたいです。

書家・詩人の相田みつをさんがデザインした包装紙や栞のことばと、もなかの美味しさが合っています。

最中の形は、足利学校や鑁阿寺の古印、明治画壇の巨匠・田崎草雲先生の落款(らっかん)に因んだものです。

上記の箱は最中9個入り、うまい具合に収まっています。