サクラソウ自生地は、環境破壊や盗掘などの影響により全国的に貴重なものとなっています。

新里のサクラソウ自生地は、主に標高450メートル付近の鏑木川上流に自生しており、新里文化財保護協会の方々の草刈りやパトロールなどの努力により守られています。

サクラソウは、サクラソウ科の多年草です。花弁は紅紫色で5つに裂け、さらにその一つの花弁の中央に浅い切れ込みが入っています。

ニリンソウ

マムシグサ(毒性あり)