檀家管理システム 菩提樹

「菩提樹」は、様々な寺院業務における檀家世帯の管理に威力を発揮する無償のソフトウェアです。

■ 開発の経緯

菩提樹の初版は、Windows95が発売された時代に東京文京区にあります臨済宗妙心寺派・白華山養源寺先代住職、(故)山田文雄氏のご指導の下作成されました。当時は、まだ貧弱なハードウェア環境と、脆弱なWindows95というOS配下での動作が条件であり、VB6.0を使用した画面機能と、Accessのデータベース+印刷機能を利用した構成でした。

その後、Windows XPが普及する事に合わせて、開発形態をAccess+SQL Serverという現在の形に進化させてゆきました。

菩提樹の大きな特徴は、大企業の基幹システムでも利用されているSQL Serverという本格的データベースとMicrosoft Officeファミリの構成要素でもあるAccessとを組み合わせた構成にあります。

本格的データベースの利用はネットワークを経由した複雑な環境においても、十分な性能と安定性を発揮しています。また、WORDやEXCELというMicrosoft OfficeファミリがWindowsXPからWindows8に至るまでの各種OSで動作するように、菩提樹もそれは各種OS上で安定して動作します。

これは広い境内の様々な場所で、時として異なる世代のOS・パソコンを使用しなければならない状況であっても、同じバージョンの菩提樹を利用できるというメリットを提供しています。

現在「菩提樹」は無償提供されています。

これは、初版の開発委託者であった養源寺先代住職(山田文雄氏)の意思に寄ります。お寺の住職が煩わされる、様々な寺院業務を単純化し、“より多くの時間を檀家様との時間に充てる事こそすべき事”であるとのお考えからです。

「菩提樹」は、そうした理想を目的として、当社所在地(栃木県足利市)を中心に数ヶ寺の住職様にご支援を頂き、開発を継続しています。ご支援いただいているお寺様からは、定額の保守料を頂き日常業務をサポートさせて頂きながら、ご要望に合わせて「菩提樹」の機能追加・改造を行っています。

機能追加・改造に際しては、若干の費用負担をいただく場合も有りますが、それらの成果物はすべて他の利用者に配布されます。また、協力寺院各位の支援により、当初確認された不具合なども解消され、様々な意見を頂き使い勝手も向上させ、多くの利用者に提供できるようになりました。

このように「菩提樹」は、各寺院の業務やノウハウを集約しながら手作りされたシステムです。そして寺院業務の様々なノウハウを次世代に継承する為の媒体として今も磨き続けられております。

尚、今回初版開発依頼元である白華山養源寺の当代住職・山田元文氏からのご依頼とご支援を頂き、Windows8.1での作動対応および、ネットワーク利用、更に屋外持ち出しの手続きに関する機能改善を実施出来ました。

その結果、最新版では寺院内に限らず屋外、旅先、山奥など通信不能な場所であっても菩提樹の利用ができるようになりましたことをお伝えします。

檀家管理システム 菩提樹
トップへ戻る